2011年09月03日

子どもに報告

この1年近く、週末になると展示場や工務店や両親との打ち合わせに付き合わされ続けたきょうだい5歳と2歳。
弟くんはともかく、お兄ちゃんは「家を建てるのかなあ?」「引っ越すのかなあ?」くらいのことは、うすうす気づいてます。そりゃ、わかるよねえ。

実家の両親の引っ越し→解体も近づき、「実家取り壊し前の片付け&さよならパーティ」のお知らせも届き、そろそろお兄ちゃんには、来年の春に何が起きるか、きちんと言っておかないとね。

ということで、土曜の朝食を食べながらオットが、
★来年3月、保育園を卒園したら引っ越す
★引っ越し先はおばあちゃんの家
★おばあちゃんの家は、みんなで住めるようにこれから新しく建て直す
★みんなで住むと言っても、建物は一緒だけど家は別々
というようなことを、説明しました。
さらにこちらでの生活(広い公園、海や川に近いなど)を存分に楽しむことも。

おばあちゃん大好きで、サザエさんちに憧れてるお兄ちゃんは、話を聞きながら「ニヤリ」、うれしさを隠せないようす(笑)。
我が子ながら話の呑み込みはとても早く(←親ばか)、一度言っただけで「えー、それじゃあおばあちゃんとおじいちゃん、(建て直しの間)どこかの家に住むの?」などと、仮住まいの心配をしてる始末。

そして「あーあ、サザエさんちはいいなあ、みんな一緒に住んでて」ですってよ!
ええっ!完全分離の二世帯住宅では不満ですか、そうですか。
大人的には、完全分離以外は考えられないんですけど。


posted by ゆうはる at 00:00| Comment(0) | 二世帯住宅に向けての話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月19日

2月の3連休。

2/11〜2/13の三連休は、家三昧な3日間でした。

スケジュールは↓
2/11(金)10時〜ハウスメーカーS社プラン提案1回目@地元展示場。
2/11(金)13時〜ハウスメーカーH社プラン提案1回目@地元展示場。

2/12(土)14時〜実家地元工務店H社プラン提案1回目。
2/12(土)16時〜第一シード工務店D社プラン提案2回目@実家。

ってな具合。ふう。

ハウスメーカーS社とH社については、1月の末に地元展示場でアプローチしたところ。
やるきまんまん、大本命のD社からのプランが出てきたものの、
一社だけで決めるわけにはもちろんいかないし、なんか高そうなイメージなので、
どっか適当なとこないかね?とオットと当たりをつけて、出かけました。

このときのオーダーは
*親世帯=広めのLDK、寝室、父書斎(+書庫的な収納があればベター)、母趣味部屋
*子世帯=LDK、LDKに続く寝室、子ども部屋、大人仕事部屋、応接にもなるような和室
P社に以前もらった土地の図面などをこそっと渡し、設計をお願いしました。

2/12にD社の2回目の提案@実家が決まっていたので、そのときに、
いくつか他社のプランも持って行き、あーだこーだ話せればいいねというのが狙いで。

余談ですが、ワタシとオットで展示場に出かけるためには、もれなく子ども×2がついてくるわけで、
結局ワタシは、ほとんど話には参加できません。。。。

つづく…

posted by ゆうはる at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 二世帯住宅に向けての話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月24日

ダメってこともあるのね。

P社の図面をまずは見て、この後D工務店の図面もあがってくるわけだけど
最低でも、あと1、2社はないと決められないよね…、ということで地元住宅展示場へ。

子どもって好きだよねー、展示場。
広くてキレイな家を探検するのは楽しいし、おまけをいろいろもらえるし。
大人も、けっこう好きだ[E:happy02]

で、とりあえずオットが興味を持っていた、S社。
高そうだけど質感のいい、石造り調の外壁に、オットもワタシもちょっと憧れる。
工場見学もさせてくれるみたいで、レジャーにちょうどいいな、
などといろいろ妄想も広がり。

がしかし。
ユニットを工場で作り、現場で組み立てるという工法なので、
実家の狭い道路に入れるのか?というのが最大の難点。

オットがその点を営業さんに聞いてみると、とりあえず、工事が可能かどうかだけ、
現地をチェックしてみますとのこと。

そしてその回答が、この週末に来たのだけど、ダメでした[E:weep]

別に絶対ここ!って思ってたわけではないけど、
土地の制約で頼めないメーカーもあるんだなあ、ということを思い知ったのでした。

posted by ゆうはる at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 二世帯住宅に向けての話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月16日

図面が出てきた!

同時進行ルポまであと少し!
お正月の話です。
**********************
元旦の夕方は、ワタシの父方の実家の新年会に、家族で出かけ→その流れで実家泊、というのが毎年の恒例。

そんな、正月2日。
去年両親が住宅展示場でたまたま(←これ重要)アクセスした3社のうち、
積極的なP社はさっそく現地調査をし、たたき台のプランを持ってきてくれたとのことで、
実家で見せてもらいました。

「敷地環境調査報告書」なるA4のファイルと、
それをもとに関係法規等とあわせて図面をひいたA3のファイル「マスタープラン」を、
「若夫婦用に(ぷぷぷ)」と我々の分も作ってきてくれてありました。

この手のもの、ウワサには聞いてたけど、実物を見るのは初めてで、
現地調査だって、相当経費がかかるだろうに、そこは営業経費ってことで、
ここまでやるんだねえと、まずは感心。

「玄関、水回り、キッチンすべて別の2世帯住宅」としかオーダーしてないらしく、
プランは2階建てで長細い土地を縦に2世帯に割ったものと、フロアで2世帯にしたものの2つ。
どっちの世帯も一応3LDKで(部屋の大きさとか、日当たりとか、めちゃくちゃ)、総建坪は45坪のと47坪。
50坪くらいでイメージしてたので、ちょっと狭いかな。

とりあえず四角の中に部屋を置いてみましたというプランで、
たたき台にしかならないものだけど(オーダーが漠然としてるから、当たり前)、
いろいろ意見を出し合うには何か目に見えるものがないとね。

その図面を見ながら、あーだこーだ言った中で明らかになってきたこと。
*フロア割の二世帯は、日当たりの関係で、ちょっと考えにくい。
*とはいえ縦割りの場合特に、玄関のアプローチとか、階段とか、うまくやらないと、
居住スペースがすごくせまくなるよねえ。
*3階建てはできなくはない。けど、斜線の関係で狭いし天井をまっすぐにとれる面積はさらに狭く、いろいろと割があわないぽい。
*変形地なので、無駄っぽいスペースが多い。これらは、いろいろ工夫しないと。

今の家からダウンサイジングすることになる両親(特に父)は、
図面を見た瞬間に「狭い」と思ったらしく、
3階もしくは地下室を、出費覚悟で作るのもありかなと思い始めてるようで。

そら、今まで2人でいたところに、もう1家族来るんだから、
狭くなるにきまってるじゃんねえ、物減らさないでどうすんのよ、
ということを、これから時間をかけて、わかっていってもらわないといけない気がします。

我家の部屋数の希望は、4LDKなんだけど、
これは、いろいろ土地の使い方を工夫すれば、
なんとかいけるのでは?
なんてことを、勝手に思ってますが、どうなることやら。

ほかにもA社、実家を建てたD工務店からプランが出てくるとのことで、
それらを見ながら、また話をしましょうということに。

父が、このまま進めば、年内入居もありではないかと思い始めたらしく、
(我家の引っ越しは、年度末だとしても)
なんだか加速しそうで、危険[E:coldsweats02]

posted by ゆうはる at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 二世帯住宅に向けての話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

住宅展示場ふたたび(2010/12)

前回の打ち合わせのとき「イメージを共有するためにも、同じモデルハウスを、できれば見ておいてほしい」と、父からオーダーがあり。
つまりそれは、新宿の展示場へ行けということで、
我家からは若干遠いけど、出かけるついでに、ちょっと立ち寄ってみました。

A社、P社、S社のモデルハウスがお題なわけだけど、
A社は前に家の近くで見たことあるので、
一応P社を見たのちに、お兄ちゃんの大好きなミッフィーちゃんに吸い込まれてM社の話を聞いたところでタイムアウト。
ミッフィーの風船とか、折り紙とか、マスコットとかいろいろもらえて、ほくほくのお兄ちゃん。

ミッフィーだからM社にしましたという人はいないとは思うけど、
いくつもあるモデルハウスの中にふらりと立ち寄る人を増やし、アタックリストを増やすという意味では、
ミッフィーだったりミッキーだったり、子どもウケするキャラクターを使うのは、一定の効果はあるのでしょうね。

M社(って、ここまで書いたらイニシャルトークにしてる意味あんのかwwww)は「蔵」という中2階のようなスペースを使った家が一つのウリで、
収納スペースを増やすアイデアとしてはアリかな、とは思いました。

posted by ゆうはる at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 二世帯住宅に向けての話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月07日

実家打ち合わせ1(2010/12)

まったく更新できてませんが、話は少しづつ進んでたり…。
同時進行ルポを目指していたハズなのに[E:coldsweats02]

*****************************

お金のこと、スケジュールのことなどをざっくりまとめた紙を持って、家族4人でぞろぞろと実家へ。
年内にある程度進めておかないと、さすがにまずい!ということで。

両親は3日くらい前に、住宅展示場に行ってみたとのことで、
以前の「(2012年の)4月に絶対と言われても困る」というモードから、急にやる気まんまんモードになっていてびっくり。

話したことは
*お金のこと。我家、実家がそれぞれ出せる(出そうとしてる)お金をざっくりと。
*土地の名義などについての意見交換。
*住まい方のイメージについての意見交換。
ってところでしょうか。

我家で想定している予算だと、家はもちろん建つけど、
単価の高いほうのハウスメーカー(あそことかあそことか)は、正直ムリ。
いいとは思うけど、そこまでかけたくないというのが本音。

対して父は、高い=いいところがあるはずだ、
ということであそことかあそこのメーカーにも魅力を感じているようで(親戚もそこで建てたらしく)。
今の実家を建てるときに当初のイメージの倍のお金がかかり、
それでも満足してるから、ある程度かかってしかるべきと思ってるようで。
この溝は、結構深いなと思うよ。

両親が展示場でアクセスした会社と、実家を建てた工務店に、
ラフプランを出してもらいながら、イメージ作りを進めようということになりました。

それから、オットがとにかく気にしている土地の名義の問題。
将来を想定してある程度はっきりさせたいオットと、
ゆるやかに動かしていけばいいという父と、
これまた大きな溝が。

なんかめんどくさいな。

お正月の話し合いに続く。

posted by ゆうはる at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 二世帯住宅に向けての話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月15日

カメの歩みですが。

まったく更新できてませんねえ。
いったい何してたかって、まあ、ほとんど何もしてないのですが[E:coldsweats01]

とはいえ、年内に父母と話を進めて、段取り決めないととまずい!ということで
まずは我家の資産の状況を再度確認しました。
予算の目安がないと、話が何も進まないのでね(って、今更すぎw)。
何をしたかっていうと。

@オットとワタシで互いの資産(円高株安で含み損だらけ[E:wobbly])を改めて公開し合う(財布は基本的には共通なはずなんだけど、結婚前に貯めたお金とか、あれとかそれとか…)
A約5年前、お兄ちゃん誕生時に立てた資産計画と現状を突き合わせ、修正しつつ、教育費ぶんなどを除いて、家に充てられる資金の確認

ってところでしょうか。

なるたけローンを組みたくない!とオットは無謀なことを言ってるので、かき集めてみた現金で、実際どのレベルの家が立てられるのか、建て坪×施工会社タイプでのパターンも出してみました。

それと、引っ越しから逆算したざっくりスケジュールを作り、それらをオットがちゃちゃっと1枚にまとめ(さすが仕事で提案書ばっか作ってるだけあって、こういうのは早い)、父母と話をすることにしました。

posted by ゆうはる at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 二世帯住宅に向けての話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

住宅展示場へGO!

先週、SUUMOくんのカウンターで紹介してもらったハウスメーカー3社のうち2社。
家の近所の展示場にモデルハウスを持ってるとのことで、アポイントを設定してもらいました。

どれだけ近所かって、自転車で乗り付けられるほどの近所。
マイナー展示場らしく、土曜の午後なのに「大丈夫?」というほど閑散としてました。

訪問したのは鉄骨のA社と木造のB社ですが、
案の定ワタシは、子どもの世話に追われっぱなし。
B社の窓から見えた「ミッフィーちゃんの家」を見たいというお兄ちゃんに付き合って見に行き、
その足でその隣りの「ミッキーの家」をのぞき…、と言った具合。

ハウスメーカーの営業の方たちは、生活に疲れたお母ちゃんと騒ぎざかりのブラザーズでちょろちょろのぞいても
きちんと対応してくれて、さすがだなと思いました。
もちろん、会話の途中でさりげなく「ご主人は今日はどうされてるんですか?」と探りを入れるのも忘れない[E:bleah]

A社では、お兄ちゃん4歳はアンパンマンのDVD鑑賞。
昼寝がずれこんだ弟くん1歳は眠くてどうしょもなくなり、おんぶでほどなく撃沈。
そっとリビングのソファに置かせて寝かせてもらいながら、営業の方の話を聞きました。

お金のことも間取りのことも何もかも漠然とし過ぎていて、具体的な話はほとんどできなかったのですが、
構造の特徴やスケジュールについて、いろいろヒントをもらいました>オットがね。

モデルハウスは、よく言われるように、広すぎたり、かっこよすぎたりで、
そこに住んでる自分が全然イメージつかないし、
あこがれもしない、というのが正直な感想。

ベランダにお風呂いらないし、アイランドキッチンなんて片付けられないワタシにはムリムリムリ、ってなかんじで。

でも、その中でも「いいな」と思えるヒントをどんどん拾ってストックしておいて、
実際のプランニングに生かさなきゃですね。

今日のポイント
*1年後くらいには、実家の両親には仮住まいに引っ越してもらって、建築スタートなイメージ。
それまでに、いろいろ決めないと。
*建築会社を選ぶ段階では、見学会などをいくつか回って勉強しないとね。

posted by ゆうはる at 23:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 二世帯住宅に向けての話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

相談会(その2)〜マスオさんの本音〜

帰りの車の中での話です。

実家の土地は、当然ながら、現在はすべて父の名義。
オットは以前から、ワタシの実家に二世帯住宅を建てるなら、土地を半分買い取りたいということを、主張しています。
それが、損か得か、買えるのか否かは別として。

理由はいくつかあるけど、一番大きなのは、
父の土地だと、ワタシの実家に対して「住まわせてもらってる」感が消えないからいやだ。
ワタシの他のきょうだいに「なんであの人、住んでるの」って思われるのがいやだ。
ということだそうで。

ワタシの両親もきょうだいも、ごく普通の人たちだし、
一緒にスキーしたりとオットとの関係も良好だと思うので(少なくとも今のところ、いがみ合ったり憎み合ったり、というのはない)
そんなに気にしなくてもいいのになあ。。。と言っても、もちろん納得なんかしません。

そして「喜んでマスオさんになる人なんて、いないよ」と激白!
合理的に考えてベターな選択だよなあと、進めようとしている家の話だけど、
オットにとっては根本的なところが、まだしっくりと落ちてないんだなあというのが、わかってしまった。
うーん。

ワタシは、自分の実家だから、二世帯住宅といっても「帰ってきたよー。よろしく[E:scissors]」くらいの感覚だけど、
オットにしてみれば「他人の家へ仮住まい」的な気分になってしまうそうで。
その思いは、ワタシがちゃんと理解してあげないといかんよな、と思った次第。
よく、嫁姑問題で登場する、「優柔不断な息子」という役回りにだけはならないように気をつけねば。

ほかにも、土地の名義をわけたい理由はいろいろあって。
*土地を二つにわけておけば、何かあったときにそこだけ売ってどこかへ引っ越すことができる(ただしこれは、共有で建物が建ってたら、簡単ではないけど)。
→実家の土地を売ることが前提になってるみたいで、正直ワタシとしては、この主張は聞いていてあまり楽しくない[E:pout]
*両親がいなくなったあと、ワタシのほかのきょうだいが法定相続分などを主張してきて、いろいろもめるようなことは避けたい。
→こうならないように、父はいろいろと策を考えてはいるようです。
などなど。

権利うんぬんの手数料とか税金とかで、よそにお金が大量に流れるのもばかばかしいので、我家、実家双方にとって、一番お得な方法は何なのか、専門家に相談しつつ、決めていきたいと思います。

土地の権利って、端的にいって相続がらみの話になるので、
話としては重いし(親が死ぬことなんて考えたくないもん)、なんだかすでにメンドウな気分のワタシ。
でも、そこがクリアにしつつ、建物のあれこれを考えるのは、
大変だけどきっと楽しいはず!と思って、進めるしかないですな。

posted by ゆうはる at 13:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 二世帯住宅に向けての話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

相談会(その1)

またまた、間があいてしまいました。
実際、何も進んでいないのです[E:coldsweats01]

何から始めたらいいのかわからないので、とりあえず、suumoくんのカウンターに相談に行ってきました。
suumoくんのカウンターは、基本的には、建築会社の紹介をしてくれるところなので、予算や希望が、あまりにも漠然としすぎてる我々が行くのはどうかとも思ったのですが、何か行動を起こさないと、始まらないのでね。
あと、マイルストーンの目安が欲しかったのもあります。

家づくりについて、事前にヒアリングシートに記入するのですが、そのシートを前に「いろいろあるのねー」と、あらためて、考えたり決めたりしなきゃならないことの多さに、ぐったりするワタシとオット。

それどころか、質問の意味すら(ハウスメーカー、工務店、建築家の違いとか)、いまいち理解できてないような。
大丈夫か?

当日は、ドライブがてら(?)家族全員でお邪魔したので、案の定、ワタシはキッズスペースで遊ぶ子どもの世話ばかりで、話にはほとんど参加できず。

実は建物よりも、土地の権利関係をどうするかが、現在のオットの一番の興味関心事項です。
なので、suumoくんのカウンターの本業とはちょっと離れてしまうのですが、土地を2つに分けたらどうなるかとか、
さらに二世帯といいつつ建物2つ建てたらどうなるとか、そんな質問ばかりをアドバイザーに投げかけるオットでした。

なかなか本題に入れない困ったお客に丁寧に対応してくれたアドバイザーさん。
ときには夫婦で意見が全くまとまっていないのを、なんとか形にして、ハウスメーカーと工務店と、3社の紹介をしてもらい、帰路につきました。

posted by ゆうはる at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 二世帯住宅に向けての話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。