2010年10月07日

運動会の思い出・エピソード。

運動会といえば、真っ先に思い出すのは、小学校1年の自分自身の初めての運動会。
体育の時間のかけっこの練習で「自分は、あまり走るのは早くないのだなあ」と
うすうす感じながら迎えた、本番。

1年生なので、おそらく50m走だったと思うのですが、予想通り出遅れ、
途中で派手に転び、両膝をすりむいて足をひきずりながら断トツのビリ。
父がどこからか出迎えてくれ、保健係(?)のお姉さんに救護用のテントに連れていってもらって擦り傷の手当をしてもらいました。

早く走れるとは思ってなかったとはいえ、転んでしまっては本来の実力(?)は出せないわけで、なんだかなあな気分。
子ども心に、運動会なんて大っきらい、体育も好きじゃなくなりました。

その後小学校2年の6月に転校したのですが、転校先の学校は春に運動会をするので、
転校したときにはすでにその年の運動会は終了。
小2は運動会なしで過ごせることがわかって、すごいうれしかったことを覚えてます。

ちなみに左膝の傷がけっこう後まで残ってて、当時左右の概念を覚え始めたころだったので、
とっさに左右を聞かれると、膝の傷を思い出して答えてました。

posted by ゆうはる at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週のお題! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。