2010年09月22日

住宅展示場へGO!

先週、SUUMOくんのカウンターで紹介してもらったハウスメーカー3社のうち2社。
家の近所の展示場にモデルハウスを持ってるとのことで、アポイントを設定してもらいました。

どれだけ近所かって、自転車で乗り付けられるほどの近所。
マイナー展示場らしく、土曜の午後なのに「大丈夫?」というほど閑散としてました。

訪問したのは鉄骨のA社と木造のB社ですが、
案の定ワタシは、子どもの世話に追われっぱなし。
B社の窓から見えた「ミッフィーちゃんの家」を見たいというお兄ちゃんに付き合って見に行き、
その足でその隣りの「ミッキーの家」をのぞき…、と言った具合。

ハウスメーカーの営業の方たちは、生活に疲れたお母ちゃんと騒ぎざかりのブラザーズでちょろちょろのぞいても
きちんと対応してくれて、さすがだなと思いました。
もちろん、会話の途中でさりげなく「ご主人は今日はどうされてるんですか?」と探りを入れるのも忘れない[E:bleah]

A社では、お兄ちゃん4歳はアンパンマンのDVD鑑賞。
昼寝がずれこんだ弟くん1歳は眠くてどうしょもなくなり、おんぶでほどなく撃沈。
そっとリビングのソファに置かせて寝かせてもらいながら、営業の方の話を聞きました。

お金のことも間取りのことも何もかも漠然とし過ぎていて、具体的な話はほとんどできなかったのですが、
構造の特徴やスケジュールについて、いろいろヒントをもらいました>オットがね。

モデルハウスは、よく言われるように、広すぎたり、かっこよすぎたりで、
そこに住んでる自分が全然イメージつかないし、
あこがれもしない、というのが正直な感想。

ベランダにお風呂いらないし、アイランドキッチンなんて片付けられないワタシにはムリムリムリ、ってなかんじで。

でも、その中でも「いいな」と思えるヒントをどんどん拾ってストックしておいて、
実際のプランニングに生かさなきゃですね。

今日のポイント
*1年後くらいには、実家の両親には仮住まいに引っ越してもらって、建築スタートなイメージ。
それまでに、いろいろ決めないと。
*建築会社を選ぶ段階では、見学会などをいくつか回って勉強しないとね。

posted by ゆうはる at 23:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 二世帯住宅に向けての話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

相談会(その2)〜マスオさんの本音〜

帰りの車の中での話です。

実家の土地は、当然ながら、現在はすべて父の名義。
オットは以前から、ワタシの実家に二世帯住宅を建てるなら、土地を半分買い取りたいということを、主張しています。
それが、損か得か、買えるのか否かは別として。

理由はいくつかあるけど、一番大きなのは、
父の土地だと、ワタシの実家に対して「住まわせてもらってる」感が消えないからいやだ。
ワタシの他のきょうだいに「なんであの人、住んでるの」って思われるのがいやだ。
ということだそうで。

ワタシの両親もきょうだいも、ごく普通の人たちだし、
一緒にスキーしたりとオットとの関係も良好だと思うので(少なくとも今のところ、いがみ合ったり憎み合ったり、というのはない)
そんなに気にしなくてもいいのになあ。。。と言っても、もちろん納得なんかしません。

そして「喜んでマスオさんになる人なんて、いないよ」と激白!
合理的に考えてベターな選択だよなあと、進めようとしている家の話だけど、
オットにとっては根本的なところが、まだしっくりと落ちてないんだなあというのが、わかってしまった。
うーん。

ワタシは、自分の実家だから、二世帯住宅といっても「帰ってきたよー。よろしく[E:scissors]」くらいの感覚だけど、
オットにしてみれば「他人の家へ仮住まい」的な気分になってしまうそうで。
その思いは、ワタシがちゃんと理解してあげないといかんよな、と思った次第。
よく、嫁姑問題で登場する、「優柔不断な息子」という役回りにだけはならないように気をつけねば。

ほかにも、土地の名義をわけたい理由はいろいろあって。
*土地を二つにわけておけば、何かあったときにそこだけ売ってどこかへ引っ越すことができる(ただしこれは、共有で建物が建ってたら、簡単ではないけど)。
→実家の土地を売ることが前提になってるみたいで、正直ワタシとしては、この主張は聞いていてあまり楽しくない[E:pout]
*両親がいなくなったあと、ワタシのほかのきょうだいが法定相続分などを主張してきて、いろいろもめるようなことは避けたい。
→こうならないように、父はいろいろと策を考えてはいるようです。
などなど。

権利うんぬんの手数料とか税金とかで、よそにお金が大量に流れるのもばかばかしいので、我家、実家双方にとって、一番お得な方法は何なのか、専門家に相談しつつ、決めていきたいと思います。

土地の権利って、端的にいって相続がらみの話になるので、
話としては重いし(親が死ぬことなんて考えたくないもん)、なんだかすでにメンドウな気分のワタシ。
でも、そこがクリアにしつつ、建物のあれこれを考えるのは、
大変だけどきっと楽しいはず!と思って、進めるしかないですな。

posted by ゆうはる at 13:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 二世帯住宅に向けての話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

相談会(その1)

またまた、間があいてしまいました。
実際、何も進んでいないのです[E:coldsweats01]

何から始めたらいいのかわからないので、とりあえず、suumoくんのカウンターに相談に行ってきました。
suumoくんのカウンターは、基本的には、建築会社の紹介をしてくれるところなので、予算や希望が、あまりにも漠然としすぎてる我々が行くのはどうかとも思ったのですが、何か行動を起こさないと、始まらないのでね。
あと、マイルストーンの目安が欲しかったのもあります。

家づくりについて、事前にヒアリングシートに記入するのですが、そのシートを前に「いろいろあるのねー」と、あらためて、考えたり決めたりしなきゃならないことの多さに、ぐったりするワタシとオット。

それどころか、質問の意味すら(ハウスメーカー、工務店、建築家の違いとか)、いまいち理解できてないような。
大丈夫か?

当日は、ドライブがてら(?)家族全員でお邪魔したので、案の定、ワタシはキッズスペースで遊ぶ子どもの世話ばかりで、話にはほとんど参加できず。

実は建物よりも、土地の権利関係をどうするかが、現在のオットの一番の興味関心事項です。
なので、suumoくんのカウンターの本業とはちょっと離れてしまうのですが、土地を2つに分けたらどうなるかとか、
さらに二世帯といいつつ建物2つ建てたらどうなるとか、そんな質問ばかりをアドバイザーに投げかけるオットでした。

なかなか本題に入れない困ったお客に丁寧に対応してくれたアドバイザーさん。
ときには夫婦で意見が全くまとまっていないのを、なんとか形にして、ハウスメーカーと工務店と、3社の紹介をしてもらい、帰路につきました。

posted by ゆうはる at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 二世帯住宅に向けての話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。